メニュー

銀行ローンの審査内容とは

総量規制という収入の三分の一以上貸してはいけないという貸金業法の法律があるため収入のない
専業主婦が消費者金融からお金を借りることは出来ません。
審査から融資までが速くて簡単だといって消費者金融に申込みをしても、収入のない主婦本人では申込みが出来ないため
収入のある配偶者の同意をもらって、配偶者の名前でお金を借りなくてはいけなくなります。
そうなると、配偶者に内緒でお金を借りることは出来なくなります。
大抵の主婦は、お金を借りることは配偶者や家族に内緒にしたいと思っているので、内緒でお金を借りようとすると
消費者金融は利用できません。
しかし、総量規制対象外の銀行法のもとに運営されている銀行カードローンでしたら無職の専業主婦でもお金を借りることが出来ます。
全ての銀行が無職の主婦を対象に貸付を行ってくれるわけではありませんので、きちんと無職の主婦でも貸付をしてくれる銀行かを
調べてから申込みしましょう。
無職の主婦でも貸付を行ってくれる銀行では、配偶者に安定した収入があれば借りる事が出来ます。

無職の主婦であっても、融資を受けるという事は審査が必ずあります。
審査では、申込みで入力された内容により借入金額の可否や金利などが決まります。
仮審査ではこの申込みで入力された内容のみで審査されますが、本審査ではさらにこの入力に不備がないかを審査します。

・配偶者に安定した収入があるか
・入力した内容に嘘偽りはないか。
・ほかの金融機関からの借入はないか
・過去に返済の遅延がないか

はっきりとした審査の基準はどの銀行も教えてはくれませんが、この上記の点を押さえておけば大丈夫です。
特に重要視する点は、申し込みの際に虚偽の申請をしない事です。
このくらいならいいだろうと、あいまいな内容を入力してしまうと信用問題になるのでやめましょう。
さらにこちら(⇒専業主婦が銀行のカードローンでお金を借りるで書かれています。